Diary Of A Wimpy Kid (グレッグのだめ日記:日本語版)

楽しいの英語の本の紹介です。
Diary Of A Wimpy Kid
娘が家でグレッグのだめ日記vol.?(日本語版)を小学校で借りて読んでいるのを見て、
「面白い?」と聞いてみると、「面白い!」言って夢中で読んでいました。
以前、 三省堂の洋書コーナーでこの英語の原本”a Wimpy Kid ~(英語)”を見かけた時、
娘に「読んでみる?」と聞いたら、その時は別の話の方がおもしろそうだったので、
こちらの本はやめました。
たまたま小学校に日本語版があり、誰も借りていなかったので、読んでみたそうです。
日本語で面白いというなら、英語も読んでみるということになり、購入。
VOL.1をまだ読んでいなかったということで、1番目のお話を選択。
子供の字体で、日記風に書いてあり、言葉もやさしいため読みやすいようです。
日本語版と違う表現もあり、やはり英語の方が雰囲気が出ていて面白いとのこと。
英語も簡単なので、英語初級者やお子さんと一緒に英語をやり直したい方にも
お勧めだと思います。

Diary Of A Wimpy Kid