“Between the Lion”の紹介

“Between the Lion”は、子供が小さい時にNHKで放送されていたアメリカのPBSが
制作した子供向け英語学習番組です。
2ヶ国語放送されていたため、副音声の英語で見ていました。
図書館の館長を務めるライオン一家のお話で、レオナとクレオの兄妹ライオンを中心に
さまざまな絵本を紹介してくれます。
また、フォニックスを取り入れ、フォニックスルールを楽しく紹介しています。
フレッド・ニューマンによる単語学習コーナーは思わず音真似したくなります。
音節に分けられた単語をいろいろなところから飛んできて、くっついて単語を作るため、
発音とつづり関係が意識できるようになっています。
上の娘は、これでつづりの仕組みが勉強できたとも言っています。
DVDも出てますが、インポートのものもあるので、インポートのものは、
リージョンフリーで再生できるプレイヤーが必要です。
YouTube等で映像が見れるようです。映像が古いのもあるので、画像が
多少荒いかもしれませんがお話も楽しめ、つづり発音の学習もできるので
お勧めです。
また、ホームページもあり、映像は見えませんがゲームコーナーなどが楽しめました。
http://pbskids.org/lions/

無料なので、気分転換によいと思います。