2つ目のスピーチコンテストも無事終了しました。

先日、2つ目のスピーチコンテストも無事終了しました。
実は、1つ目の時は体調が悪く、頭痛がある中、薬を飲んで出場しました。
今回は、天気は雨でしたが、体長は前回のように悪くなかったので、良かったです。

大学併設の高校で、会場は大学のホール。
駐車場から会場までが遠いため、ところどころに先生や生徒が立っていて、挨拶をし、
案内をしてくれる気持ちのいい学校でした。
案内係ではない生徒さんでも、きちんと挨拶してくださるので先生方の
ご指導が行き届いているのだと思います。

今回のコンテストは出場者のもっともよかったところを評価し表彰するという
趣旨で、競い合うのが目的ではないとのこと。
人前で英語で話す場を提供してくださっているコンテストです。

ただ、その中でも特によかった者に暗唱部門とスピーチ部門からそれぞれ3名に
特別賞をくださいます。
今回も皆さんそれぞれがんばっている人ばかりでした。
娘は運よく、特別賞をいただくことができました。

前回のコンテストから2週間足らずで前回より長い新しい原稿を頑張って
覚えたかいがありました。
大きなミスはなかったのですが、マイクに声が入っていなかったのは今後の課題。
声が大きかったので、会場中に聞こえていたとは思います。

娘は、表彰の際に壇上に座っていらっしゃたネイティブの先生に笑顔で
「Good job!」と声をかけていただけたのがうれしかったようです。

多くの人の前で話すことは、緊張して難しいこと。
(私は特に頭が真っ白になってしまうタイプ。)

本番力をつけるための機会を与えていただけて、本当にありがたかったです。
しかも、副賞や参加賞もいただけるので、娘も喜んでおりました。

今回も貴重な経験をさせていただいた学校に感謝です。

dsc_0381