World Family Club “Together We Can Clean up Time(Sing)!”

最近、はまっているWorld Family Club “Together We Can “。

今日はElliot先生の”Sing”で”Clean up Time”。

ディズニーの英語システムでは、おなじみの曲ですがあまり歌詞を意識して歌っていませんでした。(もしくは忘れてしまっているのかも。)

紙を拾って捨てることや毛布たたんでしまうこと、お皿を洗ってしまうところに、

“Throw away “と”put away”,”pick up”と”fold up”が韻を踏んでいて覚えやすくなっていました。歌いながら、お片付けの言葉も自然に身に着くのがいいところだなあとしみじみ。

私自身は既に「紙を拾って捨てる」や「毛布をたたんでしまう」なんて英語は頭にすっと浮かばないのです。今のところ、この”Together We Can “を見ることが私のモチベーションになっているため、頑張って続けようと思います。

World Family Club “Together We Can Do craft!”

今回は、World Family Club “Together We Can “のTom先生の”Do craft!”

段ボールやトイレットペーパーの芯を使って、工作をします。

段ボールは英語で”cardboard、トイレットペーパーの芯は、”toilet paper roll

そういえば、聞いたことがあったなあと思っても、いざその場面では浮かばない単語です。ハサミを使用する際は、「パパママに手伝ってもらってね。」という声掛けもありがたいですね。半分にカットしたトイレットペーパーの芯をテープで貼る=”Stick the tape”も、メインプログラムのレッスン時にシールを”貼る”という言葉も聞いたはずなのに、すっかり忘れています。

ディズニーの英語システムをやっている子たちは、”Together We Can “でいろいろとまた言葉を覚えることができていいですね!

World Family Club “Together We Can Finding Jiji!”

今回は、World Family Clubサイトの “Together We Can “の Luna先生の動画”Finding Jiji!”を視聴しました。手作りボードゲームで遊びながら先生のペットのネコ”Jiji”を探すというもの。さいころを使って、ゲームを進めていきます。私自身「さいころを投げる=Roll the dice」という英語を忘れており、子供に聞くと当然知っているとのこと。子供たちが小さい時にすごろくゲームをした時に言ってた気もしますが、記憶のかなたです。他にもLuna先生は、猫の手を英語で”paws”だよって、教えてくれてました。私も初めての言葉!”Hands”じゃないのね!そして”Open Your Hands and Close Them” のお歌を”Paws”に変えた歌を一緒に歌いましょうと。

ディズニーの英語システムの中でなじんだ歌で復習しながら、応用もできるのはありがたいですね。私はどんどん忘れていってしまっているので、復習をしないといけないなあと思っていました。

World Family Club “Together We Can”動画

World Family Club のホームページにある “Together We Can”動画は、World Family Clubの先生がお家でできる遊びやクッキング、ヨガなどを紹介。月、水、金と先生が変わります。ご自宅からアップしている感じで親近感がわきます。

Serena先生は、アイスクリームの作り方。シンプルな材料と氷と塩で作ります。歌も交えながらすごく楽しそうに作っているのが印象的。注意を促しながら、生クリームを少し、こぼしてしまうのも子供に注意すべきところと印象深くなるような気がします。

Wester先生は、”MOUSE”の綴りと簡単な描き方を教えてくれます。また、色も教えてくれます。

また、作った作品等は写真を撮ってアップしてねと、いうことです。自分の時はまだメールで送れなかった気がするので、時代が進んでるのを感じますね。そもそもこういう動画もなかったかな?年々コンテンツがより充実しているので、今、頑張って使っているユーザーさんがうらやましい気がします。

どの先生も聞きやすい英語で、英語の耳が衰えている自分でも聞き取れます。クッキングなどは、やはり料理の時に使われる英語が分かるのでうれしいですね。自分にとっても耳のいいトレーニングになる気がするのでこちらも活用したいと思います。

 

WorldEnglish. tv plus ご両親向け Family English

今日は、”WorldEnglish. tv plus” のご両親向け ”Family English #1 Going Outside” を視聴しました。ダニー先生が家族と一緒に使える英語フレーズを教えてくれるというものの1話目です。

以前、見たことがあったかもしれませんが既に覚えていません。

外に遊びに行くときの声掛け言葉や小さい子供と外に遊びに出たときに必要となる言葉です。自分の子供が小さかった時にあるとよかったなあと本当に思います。靴を履く時の声掛けや手をつなごうなど、必要な言葉です。しかし、こういった英語は学校では習わないため、言葉が出てきません。

また、この動画は日本語訳はなく、英語で説明していることもよいと思いました。どうしても日本語に訳そうと思ってしまうのですが、こういった場合は場面と声掛け言葉を結び付けて覚えるのが大事だと思いました。4分ほどの動画ですが、6つのフレーズが入っています。また、常に”Good boy!”と言って、褒めているのが特徴的に感じました。これもうっかり忘れがちな声掛けかもと思ってしまいました。ちょっとしたことでも、”褒めてスキンシップをとる”という大切さを思い出させてくれた気がします。うちの子はもう大きいので、小さいお子さんを見るとすごくかわいく感じ、癒されます。

WorldEnglish.tv plus “DC’s Art Adventures”

久しぶりに”WorldEnglish.tv plus”をのぞいてみました。

子供のためにというよりは、自分の為にと思っていたのですが、何かと忙しく見る余裕がありませんでした。そのため、解約しようかと思って、久しぶりにサイトにログイン。そこで「つくって遊ぼう!」の “DC’s Art Adventures”を見てみました。DC先生とアートを作って楽しめるという動画。

新型コロナでお外に出かけにくい中、家にあるもので楽しめるものなのでちょうどいいと思い、紹介しました。私が見たのは”Cake Art”。ケーキの絵を描くのかと思ったら、ステンシルの技法でケーキを描くというもの。「うちの子も小さかったら楽しかっただろうなあ。」と思いながら、見ていました。聞き取りやすい英語で説明してくれ、ところどころにディズニーの英語システムのお歌を交えているため、子供達も思わず口ずさむのではないかと思います。また、DC先生の歌声がよくて聞き入ってしまいます。「(お子さんが)作った作品は写真を撮って、メールで送るか、English Play Timeの時に先生に見せて!」と、DC先生が呼びかけているので、先生に見せたくて作ってくれそうですね。

私の英語力は、ディズニーの英語システムを子供達と使っていたころに比べて、格段に落ちていることを日々感じています。例えば、海外ドラマを英語で聞いていても耳がついていかないのです…。😅”WorldEnglish.tv plus”では、「ご両親向け」の動画もあるので、今年はうちの子が受験生ではないので、心に少し余裕があるため、もう少し続けてみようかと思います。

こんな時はLet’s Play!セット

かなり久しぶりの投稿となってしまいました。

新型コロナウィルスで世界中が、大変になってしまいました。

外で遊ぶのもどこまでいいのかわからなく、不安ですね。

もう活用されている方もいるとは思いますが、家の子供たちが小さい頃、雨でななかなか出かけられない時期や夏休みにやっていたのは、「Let’s Play セット」。家の中のアクティビティがたくさんあり、家の子はどれもやりたくて仕方なかったです。目を離すと勝手に出して、無茶苦茶に遊んでしまいそうでしたので、いえ、実際出してきていたので、勝手に出せないところにしまっておきました。自分に余裕のあるときに遊んでいましたが、とても楽しそうにしてたのが印象的でした。このセットには、アクティビティごとにどれを使うかが決まっているため、勝手に遊んでしまうと、いざそのアクティビティをしたいという時に、備品がないということになってしまうからです。

また、何度も同じ遊びがしたいとかまだ小さいから、きれいに作れそうにないなあっていうときは、家にある代替品等を使って、遊んだりしました。

例えば、モンスターのお面を作ろうというアクティビティでは、カラフルな紙皿や、モールなどが入っているのですが、まだ上手に作れそうになかったので、市販の紙皿に、毛糸等を使い作りました。ペンはセットの物を使っています。出来上がったら、そのお面を使って、鬼ごっこ(かくれんぼ)をするアクティビティもあり、一緒になって遊んでいました。

他にも特別なもののいらない選択肢を選ぶタイプのアクティビティは、普段からよく遊んでいました。その先に面白い映像が出てくることもあるので、何度も同じ映像を選んで楽しんでいました。ミッキーとミニーの福笑いは、映像でも楽しく、さらに実物を出してくると盛り上がります。今思い出すと、二人がすごく受けて笑っているのを思い出します。他にも体を動かすアクティビティもあり、運動不足解消とまではいかないかもしれませんが、気分転換にちょうど良いかもしれません。こういうアクティビティは、リモコンが使えるお子さんなら一人でも遊べるので、家事で忙しい時にも使えます。

お子さん(場合によってはご主人も)が家にいて、三度の食事の用意や家事に、お子さんのお世話等。何かとストレスもたまるかもしれませんが、お子さんもママも少しでも楽しく過ごせて、この危機を乗り越えたいですね。

 

DWE ABCクラブ チューターの資格は?

DWE ABC Clubのチューターも興味がある方もいらっしゃいますよね。

私も興味があったのですが、英語力がないので諦めました。
気になる応募資格は?

  • 子どもが好きで、英語教育に興味のある方。
  • 英語力:英検2級/TOEIC600点以上、または、それに準ずる英語力をお持ちの方
  • スペース:レッスン用として、ご自宅の1室(6畳程度)、または、それに代わるスペースを使用できる方
  • パソコン環境が整う方(Eメール/カラープリンター印刷)
  • レッスン用のCD/DVDプレイヤーを準備できる方

その他詳細は応募後に説明。

禁止事項:収入をともなう同業の兼職はできないとのこと。

ディズニーの英語システム(ワールドファミリー)の広告活動にご協力いただく場合があること。

他には、マニュアル、カリキュラム、生徒募集などのサポート。開室後もサポートがあるため、安心して始められそうです。

開室までの流れ
① お問い合わせ/ご応募
② 確認(担当者よりご連絡いたします)
③ 説明会/選考
④ 研修
⑤ 開室
応募方法
エントリー(ホームページの別ページ)より応募。

エントリーシートには、名前、会員番号、電話、住所、志望動機(全角100文字まで)等を記入し応募します。

エントリーシート応募受付後、地域担当者より連絡あるようです。

ABC Clubのチューターに興味がある方は、ワールドファミリークラブのWEBサイトのABC Club ”先生募集”を確認されるとよいと思います。

 

英検1級2次も合格しました!

始めは、どうなることかと思っていましたが、英検1級の2次も合格しました!
練習の時は、途中で止まってしまい最後の結論までたどり着けなかったのですが、
過去のスピーチコンテストの時も始めは無理と言って、頑張ってもいないのに
否定的になりがち。
でも、その後頑張ってみると数時間でスピーチをちゃんと覚えられるといったことが
あったのを思い出し、頑張ればできるはず!と。
2次面接の前々日の金曜日は期末テストの第一日目だったので、その後と前日土曜日に
集中的に頑張り、過去の自分のスピーチなどもヒントに面接用のスピーチを組み立てる
練習をしました。
試験に出そうなトピックの中には、娘には難しいものもありましたが、
試験当日の5つのトピックの中に娘に作り易いものがあったので良かったです。
スピーチは若干時間より早く終わったようですが、
Q&Aは、全力で話したと言っていたので合格できれば良いなあと。
テスト期間中の時間がない中、娘なりの努力が実り、合格ができてよかったです!

英検1級2次対策

英検1級の2次は今までの面接試験と違い、出されたトピックの中から一つを選び、
1分間で2分のスピーチを考えて、話さないといけません。
まずは、試験対策の問題集
【CD+DVD付】14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)
を購入。
娘と添付のDVDを見てみました。
面接官は二人いて、一人はネイティブ方。
また2分のスピーチの後、面接官から質問があります。
DVDでは、二人の面接官から交互に質問があり、全部で4つ質問でした。
それにもきちんと答えなくてはいけません。

そのため、1級の面接は英語力より文章力がいる気がします。
娘は全然文章を考えられないようで、まずい状況。
今回は、期末試験の真っただ中。
英検の試験対策ばかりをやるわけにもいかず、難しいかもしれません。