英検準2級編 ~英検準2級試験対策

英検準2級問題集との格闘

英検準2級対策英検準2級全問題集(2008年度版)を一通り終え、英検準2級予想問題集をひたすらとく日々です。英検の本番までに3回予想問題集を解くのが英検対策のスタイルになってきました。最初はやはりひどい点数です。単語が難しいのでてこずっております。ただ、英検準2級全問題集をやった時と同様、時間内に解けるのが不思議。長文問題をきちんと読んでない証拠としか思えません。1回目は腕試しで、どれくらいのレベルかを計り、2回目は1回目の復習、1回目よりは少し点数が上がっているというレベル。3回目が本番前の総仕上げで、3回目でなんとか合格点に入り、本番への自信につながるというものでした。

英検準2級ともなると、解答の解説をするのにも難しい問題が多く、一応説明はしますが軽く流しておきました。そういった問題はもう少し大きくなってから、もう一度勉強すればよいと思って。ただ感覚的に理解できるのならその場限りでも良いので、覚えていれば良い程度に。日本語でも日常気にせず使っている言葉を、後から国語の時間に文法的な説明を聞いて理解したりするので、そのような感覚でいてくれればいいかと思っています。ネイティブの子供たちはその辺の文法、どのように理解し、使っているんでしょうね?

後、準2級からは並べ替え問題が2番目と4番目を選択しなさいという形になり、2つ合って正解というものになりました。「並び順をメモしてから回答しなさい。」といっても、なかなかやりません。そのため、回答はボロボロ。3回目の時にはようやく理解していたようですが、どうなることか・・・。

長文問題は相変わらずどのように解いているか意味不明。恐らくきちんと内容を読んでいないように思います。前回、準2級の試験で長文問題が解けていたのが不思議です。

ともかく長文読解力の強化のために、オックスフォードリーディングツリーのシリーズでディズニー英語システムEショッピングにある最後のシリーズものを購入。新しいもの好きなので、子供は本が届いたら早速読み始めていました。こちらが何も言わなくても読んで楽しんでいてくれるので助かります。ともかく、準2級の問題集を解くことは我慢して取り組んでもらっていますが、他の時までイヤイヤやったのでは、かえって身につかないのではと思い、なるべく楽しんで語彙力を上げる方法を探しています。

予想問題集の2回目もなかなか点数が伸びません。長文は特に2回目なので内容を覚えていそうな気がしましたが、実際はほとんど不正解。何を読んで答えを出しているかわかりません。語彙の不足を感じながら、では、今の語彙は何でついたかと思うと100 Words Kids Need to Readシリーズをやっていたからのように思い、改めてよさを感じました。

同じ単語をひたすら書いているだけですが、ワードゲームの中でやっているため、こどもにとってはあまり苦にならない様子。代用品を考え、購入してみましたが、白黒で殺風景な雰囲気なので余りやる気をそそらない気がして・・・。特に堅苦しい問題集をやらせているときは他のものは楽しい雰囲気のものやらせてあげたい気がします。

その点100 Words Kids Need to Readシリーズはオールカラーで絵や写真が豊富、疲れていても1,2ページくらいはさっとやってくれます。やはりこのワークブックをやっていたことで、文字の読み、つづりの定着につながっていたと思うので、改めて良さを感じました。

今回は小学校に入学して、慣れない学校生活が始まり、学校の宿題もある中、英語の勉強はキッパーの本(オックスフォードリーディングツリー)やクイズ感覚のアクティビティなどで興味を持って自分からやってくれています。時間がないながら、試験前に、無事予想問題集を3回り終わり、ぎりぎり合格点が取れそうなレベルになりました。本番はどうなるかわかりませんが、とりあえずがんばってやってくれればと思います。

Sponsored Link