英検準2級編 ~英検準2級2次試験合格

英検準2級2次試験、合格!

英検準2級2次試験の結果も出ました。2次試験も受かり晴れて合格です。英検準2級1次試験のときよりは余裕もあり、英検3級の2次試験よりも手ごたえがありそうだったので、ちょっと期待していました。

そして、ネイティブの先生の特訓の成果が”attitude”という評価にちゃんとつながっていました。英検3級のときよりも点数が上がっていたのです。試験官の前で大きい声できちんと自分の英語をアピールできたのだと思います。

普段、日本人の前で、英語で話すことを恥ずかしがってなかなかしゃべらないのですが、日本人の試験官の前でも堂々と話せたことは、本人にとっても“良い経験になったのではないか?”と思います。全体の点数も英検3級のときに比べて、上がっており、面接試験も2回目ということもあってか、落ち着いてできたのかもしれません。前日の先生の特訓、入室から退室までの一通りの練習は、本当に良かったと思います。先生に感謝です!

英検2級の壁

じゃあ、英検準2級試験が合格したら次はどうするか? 次の英検2級の壁はかなり高いと思います。

英検2級の審査基準は、“英検準2級まででしっかりつけてきた力を、実生活の様々な分野で応用できる力を身につけている”で、レベルは高校卒業程度。“社会生活に必要な英語を理解し、使用できること”だそうです。英検準2級が“日常生活に必要な英語”だったのが、“社会生活”に変わったところが大きいのです。社会人の一般的な英語力を問われるため、やはり小学校1年生には理解が難しいでしょう。なので、少し準備期間をおいてから、英検2級を受けようと思っています。さすがに日本語の意味でも難しい単語が並んでいるため、すぐに受験は難しいと思います。まずは語彙力をつけてから考えたいと思います。

海外のワークブックで楽しく英語の勉強

実は英検準2級が受かったものの、確実にスペルがかける英単語は少ないのです。まずは、スペルを覚えて、そして難しい英単語も徐々に覚えていこうと思っています。

本人が“クロスワードパズルなどのワードゲームが好きだ”といい、そういうワークブックが欲しいといったので、早速探してみることに。ちょうど、ワールドファミリーショッピングで、アメリカの出版社(School zoon)が出しているワークブックとCDのセットが合ったので購入しました。今回のワークブックは、写真ではなく、絵ばかりなのですが、本人はこの類のものは大好きなので、何も言わなくてもやってくれます。本当に親にとってはうれしいことです。

海外のワークブックは楽しい絵や写真が多く、やる気を引き出してくれるものが多いようで買い与えるかいがあります。但し、他の宿題がおろそかになってしまうのが・・・。でも、楽しんで英語に触れられるのが一番!(昨日もオクスフォードのリーディングツリーのキッパーの本を学校の宿題そっちのけで読みあさっていました。)

もちろん、英検2級を目標に英語学習を進めていく予定ですが、学校とどこまで並行して続けられるかはわかりません。できれば、学校の勉強が難しくなる前に、英検2級も合格できるようがんばりたいです。

Sponsored Link