英検準1級編 ~英検準1級試験対策

英検準1級問題集とDAILY30日間集中ゼミ

英検準1級の1次試験対策で使用した問題集をまとめてみました。

英検準1級対策では、まず英検準1級DAILY30日間集中ゼミCD付を購入しました。

まずは、英検準1級にはどんな問題が出るかを知るために、購入しました。
30日間ということで、1日の問題量が決まっているため、 計画的に学習できるかなと思って使ってみる事に…。
実際は計画よりずっと時間がかかりました。 付属のCDもある為、リスニング問題の練習もできるのもよかったです。
ポイント学習の後に練習問題が付いています。

この1冊だけでは、もちろん本番対策ができないため、毎回おなじみの 英検準1級過去6回全問題集を購入しました。

こちらは、試験本番の問題形式に慣れるという意味でも重要なので、毎回購入しています。

また、英検準1級になるとリスニングや面接も更に難しくなるため、英検準1級全問題集CDも購入しました。
失敗したのは、問題集と同時に購入しなかったため、年度が替わり、CDが問題集と1年分ずれてしまったこと。問題集のリスニング問題が1部は一定という状況に…。

ただ、付属の小冊子に収録されている英文がすべて掲載されているため、全問題集がなくても
問題は解けます。準1級のリスニング問題は、最初に問題文に目を通しておかないと難しい問題もある為、
CDを聞いて、問題の解き方に慣れておくことが重要だと思います。

また、英検準1級の2次試験の面接も、2級同様問題カードに書かれている絵を見て、物語を作り、それを話すというもの。
CDには、モデルリーディングと、質問とその解答例が吹き込んであります。
そのままかけ流すとモデルリーディングや解答例が流れてしまうため、
本番さながらの練習はできません。ただ、WEBサービスがあるようで、「面接シミュレーション」と「面接模範例」を見ることもできるそうです。
「面接シミュレーション」では、2次試験の面接当日と同様の入室から退室までの一連の流れが体験できるそうで、受験者が話す場面ではポーズがとってあるとのこと。
CDの方はちょっと高いのですが、リスニングと面接の両テストの流れに慣れるためには必要かと思います。

そして今回も断然ボキャブラリーが足りないため、ネイティブの子供たちが使う小学生用のワークブック。ブログで紹介済みですが、”Amazing Word Power: 100 Words Every 4th Grader Should Know ”や、
100 Vocabulary Words Kids Need to Know by 4th Grade(100 Words Workbook)”。
また、”Amazing Word Power: 100 Words Every 4th Grader Should Know”を終わったので、続きも購入。

Amazing Word Power: 100 Words Every 5th Grader Should Know ”は、
合間の時間に活用中!

また、”Amazing Word Power: 100 Words Every~”シリーズは、6th Grader というのを、アマゾンで見つけられなかったので、
6th Graderは、”100 Vocabulary Words Kids Need to Know by 6th Grade(100 Words Workbook)”をやることにしました。

また、空いた時間にヒアリング問題もできる、DSソフトの”5級から1級完全対応 最新過去問題・2次試験対策 英検 完全版”。
これもブログで紹介済みですが、英検5級から1級まで網羅され、兄弟がいるとユーザーを分けて記録することができる為、
子供毎の勉強記録が付けられます。ちゃんと問題をやってあるとカレンダーにリンゴスタンプが出るシステムなので、”やった!”という嘘がつけません。
また、記録が残ることで兄弟で、注意しあえます。(単に下の息子がチクリ魔だから?)

それと今回活躍したのは、ブログで紹介済みのインターネットの
英検の語彙力レベル測定テスト”。

なんといっても語彙力です。ゲーム感覚で、時間制限もあり、限られた時間内に解答しないといけないので集中してやれます。
もちろん結果も即時に出る為、一喜一憂。ネットなので、間違えた言葉については、派生語等についてもすぐに学習できるため便利です。
ただ、小学校6年生になって、多少日本語の難しい意味も分かり、単語の組み合わせが理解できるようになったから使えるようになったかもしれません。

Sponsored Link